セディナカードで貯まったわくわくポイントの使い道。おすすめはnanacoポイント♡

先日ゲットした、5,000円相当分ほどのわくわくポイント💡

わくわくポイントが貯まっていました。

セディナJiyu!da!カードの入会特典5,000ポイントゲット♡思わぬ臨時収入に♡
約5か月前の10月に、PONEY経由で作成したセディナJiyu!da!カード✨ さやかがセディナJiyu!da!カ...

せっかく貯まった5,000円相当のポイントなので、交換してみたいなぁ~と思っていました。

そこで、今回はわくわくポイントが何に交換できるかを調べてみましたので書いてみます✨

意外にオトクな交換先がありますよ~!

わくわくポイントの使い道、交換先

まずはわくわくポイントの使い道、交換先について知っておきましょう。

わくわくポイントの使い道は、おもに以下の6つです。

わくわくポイントの使い道

  1. グッズ
  2. 商品券
  3. ポイント、マイルへ交換
  4. 寄付
  5. キャッシュバック
  6. プレミアムセレクション

それぞれ見ていきましょう。

1.グッズ

わくわくポイントでグッズに交換する

グッズ交換では、さまざまな商品に交換できます。

取り揃えている商品は食品やキッチングッズ、家電製品、自転車など、ジャンルが幅広いです。

イメージはカタログギフトですね。

わくわくポイントで交換できる商品は、ポイント別に分かれています。

わくわくポイントで交換できる商品はポイント別に分かれています。

一番少ないポイント数では、1,000~1,500ポイントのコースから、商品交換を利用できるようです。

1,000~1,500ポイントのコースでの商品の一例はこちら👇

セディナわくわくポイントの使い道-グッズ交換-1000~1500ポイントの一例

あめ乾電池の充電器などの雑貨ですね。

相場にすると1,000円前後のものかな?

さやかが確認したときは、1,000~1,500ポイントで交換できる商品は上記の5つでした。

今例に挙げたのは一番低いポイントで交換できる1,000~1,500ポイントの商品でしたが、使うポイントが多ければ多いほど、商品は豪華になります。

用意されている商品の中で、一番多くポイントを消費するのは15,000ポイント以上のコースです。

この「15,000ポイント以上のコース」の中には、炊飯器自転車ルンバなどの豪華商品が盛りだくさんです。

セディナわくわくポイントの使い道-グッズ交換で15000ポイント以上の一例

買おうと思っていた、欲しいと思っていた商品があれば、わくわくポイントで入手してみるのもいいですね。

2.商品券

汎用性の高い商品券。

わくわくポイントで交換できる商品券は、なんと9種類もあります。

  1. nanacoカード
    5,000ポイント以上から利用可能
  2. VJAギフトカード
    1,000ポイント以上から利用可能
  3. JTBナイスギフト
    1,000ポイント以上から利用可能
  4. 日本旅行ギフト旅行券
    1,000ポイント以上から利用可能
  5. ジェフグルメギフトカード
    1,000ポイント以上から利用可能
  6. 図書カードNEXT
    1,000ポイント以上から利用可能
  7. ダイエーグループ商品券
    1,000ポイント以上から利用可能
  8. JCBギフトカード
    5,000ポイント以上から利用可能
  9. Amazonギフト券
    5,000ポイント以上から利用可能

これらの商品券に交換する際には、交換手数料がかかるものがあります。

※商品券への交換は、交換ごとに別途交換手数料500ポイントを頂戴します。
(Amazonギフト券には交換手数料はかかりません。)

【交換手数料が必要な商品券】

※VJAギフトカード、JTBナイスギフト、日本旅行ギフト旅行券、ジェフグルメカード、図書カードNEXT、ダイエーグループ商品券、JCBギフトカード

※プラチナカードおよびゴールドカード(セディナカードゴールドを除く)については、交換手数料はかかりません。

2種類以上の商品券との交換をお申し込みいただいた場合、それぞれの商品券は別送となります。

nanacoカード、図書カードNEXT、Amazonギフト券には有効期限がございます。

交換手数料がかからないのはnanacoカードAmazonギフトです。

できるだけオトクに交換したいとなれば、交換手数料がかからないnanacoカードやAmazoギフトに交換したいところですね。

特にnanacoカードはnanacoカードの発行手数料300円がかからないため、まだnanacoカードを持っていない方にはおすすめな交換先です。

3.ポイント・マイル交換

貯まったわくわくポイントは、他社のポイントやマイルに交換することもできます。

ポイントやマイルへの交換先は、全部で6種類です。

セディナのポイント、マイル交換

  1. nanacoポイント
  2. ドトールポイント
  3. Gポイント
  4. dポイント
  5. WALLETポイント
  6. JALマイル

マイラーさんにとって、マイルに交換できるのはうれしいですね。

ほとんどは等価で交換できそうですが、Gポイントへの交換の関しては、交換するポイント数や、利用しているカードによって、レートが1ポイント=1円を下回るので注意が必要です。

セディナわくわくポイントの使い道-Gポイントへの交換はレートに注意!

さやかが利用しているセディナJiyu!da!カードの場合、Gポイントに交換するときは5,000ポイント以上なら等価交換できますが、交換するわくわくポイントが5,000ポイント未満のときは、わくわくポイント1,000ポイントがGポイント800ポイントとして交換されてしまうことになります。

ポイント交換する状況によっては、Gポイントへの交換はレートが0.8倍、80%となってしまうわけですね。

Gポイントに交換すると、GポイントからTポイントなどに交換することができるため、利用方法は広がります。

ですがこのレートには注意しておきたいところです。

4.寄付

たまったわくわくポイントは、寄付することもできます。

寄付先は全部で11種類あります。

  1. 公益財団法人 日本ユニセフ協会
  2. 日本赤十字社
  3. 公益財団法人 緑の地球防衛基金
  4. WWFジャパン
  5. 公益財団法人 日本盲導犬協会
  6. 公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟
  7. 公益財団法人 日毋おぎゃー献金基金
  8. 赤い羽根共同募金
  9. 一般財団法人 地球・人間環境フォーラム(GEF)
  10. 公益財団法人 国際湖沼環境委員会(ILEC)
  11. 特定非営利活動法人 エコデザイン市民社会フォーラム

どの団体に寄付するときも、1,000ポイント以上から寄付が可能です。

領収書は発行されませんので注意しましょう。

5.キャッシュバック

貯まったわくわくポイントは、キャッシュバックすることも可能です。

キャッシュバックは、クレジットカードの引き落としに設定されている銀行に振り込みされます。

ただし、キャッシュバックの際には、引き落としに設定されている銀行によりレートが決まり、どの引き落とし口座を利用していたとしても、等価での交換にはなりません

わくわくポイントをキャッシュバックするときはレートが下がるぞ!

クレジットカードの引き落とし先を三井住友銀行またはジャパンネット銀行にしている場合は、わくわくポイント1,000ポイントにつき、キャッシュバックが800円となります。

それ以外の引き落とし先を設定している場合は、わくわくポイント1,000ポイントにつき、キャッシュバックが700円となります。

三井住友銀行、ジャパンネット銀行を引き落とし先としている方がレートが少し高いです。

また、基本的にわくわくポイントを利用する場合はネットの他にも電話から申し込みができますが、このキャッシュバックの特典に関しては、インターネット(OMC Plus)からの申し込み限定となります。

6.プレミアムセレクション

わくわくポイントでの交換先には、プレミアムセレクションというものも用意されています。

早い話が抽選です。

少なめのポイントで、ちょっと豪華な景品が当たるかも!」という夢をくれます。

例えば現在開催中の「ダイソン supersonic ヘアードライヤーをプレゼント」という企画。

わくわくポイントのプレミアムセレクションでダイソン supersonic ヘアードライヤーが抽選で当たる!

こちらは応募期間が2018年3月15日~2018年5月14日となっており、抽選で25名様に、この「ダイソン supersonic ヘアードライヤー」が当たります。

応募するには「わくわくポイント」もしくは「ワンダフルプレゼント21」が必要となります。

わくわくポイント プレミアムセレクションで応募するのに必要なポイント数

わくわくポイントで応募するときは、1口あたり300ポイントが必要になってきます。

口数が多いほど、1口あたりのポイント数が少なくなりますので、少しだけオトクですね。

こちらで利用したポイントは、当然ながら抽選結果に関わらず消費されます。

\ PR /

わくわくポイントのおすすめの使い道は?

わくわくポイントにはこれだけたくさんのポイントの交換先が用意されています。

じゃあ、オトクなのはどの交換先でしょうか?

個人的におすすめなのは、

  • nanacoポイント
  • Amazonギフト

への交換です。

nanacoポイント、Amazonギフトへの交換では交換手数料がかからないのが大きいメリットだと思います。

特にnanacoに関しては、

  • 1ポイント=1円分として等価交換できる
  • 税金の支払いに充当することができるため、ムダなく利用できる
  • 1,000ポイント以上から交換可能

と、交換しやすい条件がそろっていますので特におすすめです。

Amazonギフトも1ポイント=1円として等価交換できますし、ムダなく利用できるのも同じですが、いかんせん交換ポイント数が5,000ポイント以上からというのは少々ハードルが高くて残念です。

ただ、わくわくポイントを交換するにあたっての交換手数料について、記載が見つけられない交換先もいくつかありました。

交換手数料の記載がないイコール交換手数料はかからないと判断してよいのでしょうか?

記載が見つからなかった交換先の交換手数料については、実際に試してみたいなぁと思います。

もし交換手数料の記載がないものは交換手数料がかからないということであれば、上記のnanacoポイントと同様の理由で、dポイントWALLETポイントもかなり使い勝手のよい交換先となってきます。

ということで、さやかの現段階でのおすすめのポイント交換先はnanacoポイントと、Amazonギフトです。

オトクなわくわくポイントをチェックしてみよう!

わくわくポイントの交換先のまとめ

セディナのカードを利用していると貯まってくるわくわくポイント。

このわくわくポイントには交換先がたくさんあります。

わくわくポイントがたくさん貯まっているのであれば、上記で挙げたような理由から、現金と同様に利用できそうなnanacoポイントAmazonギフトがわくわくポイントの交換先としておすすめです。

また、もしポイントが少額貯まっているようなら、寄付をして誰かの役に立ってみたり、プレミアムセレクションに応募して夢を見たりするのもいいでしょう😊

わくわくポイントは気付かずに貯まっていることも考えられますので、まずはわくわくポイントがどれだけ貯まっているかを確認し、利用状況に応じてぜひ交換してみてくださいね💕

 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA